« CPU1コアが100%張り付く件 | トップページ

Windowsストアにより多くのアプリを表示させる方法。

Windows8のタブレットやPCを購入すると、最初からインストールされていることの多いアプリ、"Cut the Rope"。タッチ操作でロープを切る軽快なゲームアプリで、Windows8の発売前からWindows8用アプリとして広く知られている。ところが、である。このアプリがインストールされていないPCに、Windowsストアからインストールしようとしても、ストアに現れないのである。

Cuttherope
"cut"で検索しても、出てこないよ…

だけど、 "Cut the Rope"というアプリがプレインストールされているPCがあるのだから、このアプリは間違いなくWindowsストアに登録されているのだ。

じゃあなんで出てこないの?というと、それは言語の問題だ。

Windodwsストアアプリには、そのアプリがサポートする言語が明示されている。(アプリが「サポートする」と宣言しているすべての言語において正しく表示されなければ、マイクロソフト社の審査に通らないので、ストアアプリとしては登録されない。)

Photo
ストアアプリの[詳細]に、サポートする言語が表示されるゾ。

Photo_2
複数の言語に対応したアプリもある。

そして重要なのが、PC側のWindows8にも、「使用する言語」の設定があるってことだ。既定では「ストア」に表示されるアプリは、PCが「使用する言語」のアプリだけなのだ。PCが使用する言語の設定を見てみよう。

Photo_3
デスクトップのタスクトレイにある日本語アイコン(Jのマーク)を左クリックし[言語設定]をクリックする。(もしくは、コントロールパネルで[言語の追加]をクリックしても次の画面を出せます。)

Os
日本語版Windows8では、最初こんな感じで「日本語」しかないと思います。[言語の追加]をクリックしてみましょう。(後で簡単に削除できるので、試して損はないです。)

Os_2
Windows8っていろんな言語で表示できるんだなぁ~っと感心しつつ、[英語]を選択して[開く]。

Os_3
ん?同じような画面が出たぞ…と思ったら、「英語は英語でも、どの英語か」を選ぶ画面でした。日本人にとっちゃぁどれも同じように思いますが何かと違うのでしょう。とりあえず[英語(米国)]を選んで[追加]します。(アプリの作者ならば、これが"en-US"だと言った方がわかりやすいかもですね。)

Os_4
何らかのダウンロードやインストールが行われるのかと思いきや、即座に、いともあっさり言語が追加されました。ついでに韓国語も追加してみたので、3言語表示されています。このとき、日本語を一番上にしておきましょう。それがメインの言語ですからね。(この画面で言語を選んで[削除]をクリックすれば言語を削除できます。)

さぁ、ストアはどうなったかな、と。ワクワク。。。

Photo_4
おお、明らかにアプリの数が多く表示されている!これは期待通り英語アプリが表示されているようです!さっそく"cut"で検索してみます。すると…

Cuttherope
最初に検索した時よりも多くのアプリがヒット。お目当ての"Cut the Rope"が出てきたよ~!コレコレ!

Cuttherope_3
"Cut the Rope"の詳細を見てみると、やはり日本語をサポートしていないんですね。英語はサポートしてるので、今、出てきたわけです。

ってことは、より多くのアプリを楽しみたいってひとには、Windowsに英語を追加してみるのが良いのかな、と。

■■■

もちろんそれもいいんですが、Windowsの設定でなく、ストアの[設定]の[基本設定]で[選んだ言語のアプリを見つけやすくする]を「いいえ」にすれば、多くのアプリが表示されるんですよね。こっちのほうが楽でしたね。。。

10

11

13

お試しあれ。

|

« CPU1コアが100%張り付く件 | トップページ

Windows8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/57221916

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsストアにより多くのアプリを表示させる方法。:

« CPU1コアが100%張り付く件 | トップページ