« WinRTとは? | トップページ | Windows8を脱獄させる方法 »

Windows8の使い方(その3)

Windows8の新機能、検索機能。

アプリが多くなったとき、すべてのアプリ一覧から探してもいいけど、検索してサッと起動したいときってあるよね。PCの設定を変えたいけど、コントロールパネルのどこにアイコンがあったか探したり、設定項目を探したりするのに時間がかかることもあるよね。ファイルを検索したりWebで検索したりすることも日常的によくあるよね。そんなこんなが、全部まとめて簡単にできてしまうのですよ。

やり方は超簡単、スタート画面で、いきなり検索したい言葉をキーボードで入力するだけです。たとえば、リモートデスクトップ接続がしたいとしましょう。

Win8init_2
このスタート画面の状態から、キーボードで「り」と入力します。

Win8search_apps
すると、検索メニューが出てきて、「り」ではじまるアプリの候補が出てきます。ここで、「リモートデスクトップ接続」のアイコンをクリックしても起動できるし、検索キーワードに「リモート」まで入力して、候補が「リモートデスクトップ接続」だけになったところで、Enterキーを押しても起動できます。

ここで、実はアプリだけでなく、設定、ファイルも検索してくれるのです。おおぉ~、気が利くね!ってまぁ、これはWindows7のスタートメニューで[プログラムとファイルの検索]欄にキーワードを入力してアプリやファイル等を検索するのと同じ機能ですね。だけどWindows7だと検索結果が多い場合、別ウィンドウで検索結果リストを開くようになっています。それよりスッキリとしていてなんだか見やすくて、わかりやすいですね。

Win8search_config
画面の解像度を変えたいなぁ。そんなときはスタート画面で「解像度」と入力すれば、この通り。「Windows8であの設定はどこいった?」っていちいち調べなくていいんですよ、検索すれば出てきますから。

Win8search_files
ファイルの検索も、同じ画面で、[ファイル]をクリックするだけで結果が確認できます。

Win8search_games
そして、Windows8の便利なところは、この検索機能と、Windows8アプリ(Windowsストアアプリというか、メトロスタイルアプリと呼んでいたものたち)と連動してくれるところ!つまり、Webでの検索をしたいなら[Internet Explorer]か[Bing]を選べばいいんです。あと、Windowsストアでアプリを検索するにはどうしたらいいのかよくわからなかったんですが、この検索機能と連動しているので、[ストア]を選べば、Windowsストア内でアプリを検索できます。地図アプリもあるし、他には辞書アプリなんかをインストールしたら便利そうですね。

検索機能、スタート画面でいきなりキー入力すれば出てきますが、もちろんチャームの[検索]アイコンをクリックしても出てくるし、Windowsキー+Fでも出てくるよん。

|

« WinRTとは? | トップページ | Windows8を脱獄させる方法 »

Windows8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/55516026

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8の使い方(その3):

« WinRTとは? | トップページ | Windows8を脱獄させる方法 »