« XNAベースのゲームをAndroidに移植する方法(その4) | トップページ | 地デジ。著作権保護の罠にハマる(1) »

PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ(進化版)

PC1台でクラスタ(MSFC)を試す方法というのを以前書いたが、今はもっと簡単にできるようになっていたのでメモ。

クラスタ構成に欠かせない共有ディスクをソフトで実現する"iSCSI Software Target 3.3"が、無償で、Windows Server 2008 R2にインストールできるようになったのだ。これで、WSSを入手する必要はなくなった。Windows Server 2008 R2さえあれば、普通のPC1台でMSFCクラスタが試せるのだ。

Windows Server 2008 R2は評価版がダウンロードできるので、Enterprise Editionの評価版を入手すれば、正規ライセンスを何も購入せずにMSFCを試せるハズ。

したがって、次の構成で、クラスタ(MSFC)の試験環境が構築可能。   

  1. Windows Server 2008 R2 + iSCSI Software Target 3.3 (兼ドメインコントローラー)
  2. Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (ノード1)
  3. Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (ノード2)

1台のPC(HDD120GB以上、メモリ3GB以上あればイケるだろう)を用意して、Windows Server 2008 R2 (仮想OSのライセンスの関係からEnterpriseEditionが望ましい)に Hyper-V 2.0 の役割をインストールし、上記1~3をHyper-V上の仮想OSとしてインストールすればOK。

PC1台でクラスタ(MSFC)環境をインストールする手順はコチラ

|

« XNAベースのゲームをAndroidに移植する方法(その4) | トップページ | 地デジ。著作権保護の罠にハマる(1) »

クラスタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/53783671

この記事へのトラックバック一覧です: PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ(進化版):

« XNAベースのゲームをAndroidに移植する方法(その4) | トップページ | 地デジ。著作権保護の罠にハマる(1) »