« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年7月

Windows Azureの注意点

マイクロソフトによるクラウドサービス"Windows Azure"(ウィンドウズ・アジュール)。オンプレミスでは受けれらなかった多くのメリットを享受できるクラウド。クラウドの何が良いか、については様々な資料が世の中にあるので説明は省略する。

Windows Azureを有効活用するための注意点を一言でいうと次の通り。

★「今までの常識を捨て去ること」

 Windows Azureで動くアプリケーション開発時は、クラウドでは今までできなかったことが簡単にできる場合がある反面、今まで簡単にできたことができなくなっている場合がある。プラットフォームを意識しなくても良い代わりに、プラットフォームを意識できなくなっているのだ。たとえば、ファイルアクセスに関しては完全に別の方式で行う必要があると考えたほうが良い。オンプレミスなら、共有フォルダから共通的なデータを読み取っておき、ローカルにキャッシュしておこう…なんてことは良くあるわけだが、クラウドではそのままだと動かないので、共有データはキーバリューストアに持ちキャッシュはプラットフォームに任せよう、となったりする。

 クラウドで提供するサービスを新たに作る場合「クラウドでできないことは何か?」、「Windows Azureの制限は何?」ということばかり気になって、Azureではやりたいことができない、と決めつけるのは早計である。クラウドだからできることを正しく理解し、そのメリットを最大限活かしたサービスを設計すべきである。

具体的な方法は追々書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »