« Hyper-VでP2V | トップページ | PC1台にクラスタ(MSFC)環境をインストールする手順 »

PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ

PC1台でクラスタ(MSFC)を試す方法メモ。あくまで機能を試すための方法なので、性能面から考えて実運用では使えないだろう。

(2012/1/21追記:1年ほど前までは下記の記事通りだったが、現在はWindows Server 2008 R2だけでできるようになった。詳しくはコチラ

"Windows Storage Server 2008 R2"(Windows Server 2008 R2ではない)というNAS用OSがある。これに"iSCSI Software Target 3.3"をオプションで付けると、iSCSI共有ディスクにできる。つまり共有ディスクというハードウェアを購入しなくても、普通のPCをクラスタ用共有ディスクとして使用できるのだ。

Windows Storage Server (略してWSS)とは。
NAS(Network Attached Storage)用OS。たとえばLogitecは WSS 2008 R2 ベース(WorkgroupEdition)のNAS製品をリリースしている。Windows Storage Server 2008までは単体のOSとして提供されていたようだが、Windows Storage Server 2008 R2 は、Windows Server 2008 R2の更新モジュールとして提供されており、Windows Server 2008 R2 をインストールしてから、その更新モジュールをインストールすることで作成できる。

iSCSI Software Targetとは。   
Windows Storage Server 2008 R2 のオプション。iSCSIではサーバーをTarget、クライアントをイニシエーターと呼んでいる。イニシエーターは、最近のOSなら標準で入っている。実際にインストールしてみたところ、   
・Windows Storage Server 2008 R2 インストール後、OSのバージョン表記が変わった。それ以外は何が変わったのかわからない
・iSCSI Software Targetは、管理コンソールで簡単に設定できた(Targetの定義、仮想ディスクの定義 、接続を許可するイニシエーターの定義(IQNでなくIPアドレスで指定するのが一番楽) )

したがって、次の構成で、クラスタ(MSFC)の試験環境が構築可能。   

  1. Windows Storage Server 2008 R2 with iSCSI Software Target 3.3 (兼ドメインコントローラー)
  2. Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (ノード1)
  3. Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (ノード2)

これら3台のハードウェアが無い場合は、1台だけ(HDD120GB以上、メモリ3GB以上あればイケる)を用意して、Windows Server 2008 R2 (仮想OSのライセンスの関係からEnterpriseEditionが望ましい)に Hyper-V 2.0 の役割をインストールし、上記1~3をHyper-V上の仮想OSとしてインストールすればOK。(ただし、Hyper-Vのライブマイグレーションを試すには、物理的にハードウェアを分けないといけないので、その場合はPCが3台以上必要。)

ちなみにWindows7用のWindows Virtual PCは、64ビットOSをゲストとしてインストールできないため、(Windows Server 2008 R2を使った)利用不可。

PC1台でクラスタ(MSFC)環境をインストールする手順はコチラ

|

« Hyper-VでP2V | トップページ | PC1台にクラスタ(MSFC)環境をインストールする手順 »

クラスタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。おせっかいですが、気になったので書きます。
Windows Storage Server 2008 R2 は、ドメインコントローラーになれないと思うのですよね...

投稿: | 2014年1月 6日 (月) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/51609681

この記事へのトラックバック一覧です: PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ:

« Hyper-VでP2V | トップページ | PC1台にクラスタ(MSFC)環境をインストールする手順 »