« Hyper-Vのネットワーク | トップページ | PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ »

Hyper-VでP2V

PCのHDDにインストールされている既存のOS環境を、そのままHyper-V上の仮想環境に変換する方法がある。P2V(Physical to Virtual)だ。

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/column/do_01_1.mspx
P2V(Phisycal to Virtual)

Disk2Vhd というフリーのツールで、物理OSのディスク内容を、そのままvhdファイルに変換できる。 これを使ってvhdファイルを生成して、それをHyper-Vの仮想マシンに割り当てるのだが、 そのままだと仮想OSとして起動できない。

そこで、Disk2Vhdの画面にある"Prepare for use in VirtualPC"にチェックを入れてvhdを生成することで、 HALを一時的にHyper-V対応のものに挿し替えた状態のvhdファイルを生成してくれる。 これで仮想OSとしてvhdから起動できる。

HALについては、次のサイト参照。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/010halchk/halchk.html

実際にWindows2003R2の実環境をこれで仮想化したところ、Hyper-V上で起動できた。

しかしHyper-Vの統合サービスをインストールするときに「HALのアップグレードが必要です。」と出て、アップグレード後再起動しても、また同じメッセージが出て、これの繰り返しになってしまい、統合サービスがインストールできなかった。このままだとネットワークアダプタも見えない状態なので使えない。

そこで

C:\boot.ini

を確認したところ

"/HAL="

付きの行が追加されていたので、 それを削除して起動したところ、統合サービスのインストールが続行された。

|

« Hyper-Vのネットワーク | トップページ | PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ »

Hyper-V」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/51604944

この記事へのトラックバック一覧です: Hyper-VでP2V:

« Hyper-Vのネットワーク | トップページ | PC1台でクラスタ(MSFC)を試すメモ »