« CentOS 5.5 on Windows Virtual PC(補足) | トップページ | Hyper-VでP2V »

Hyper-Vのネットワーク

仮想マシンから物理ネットワークに接続できるように、仮想ネットワークの設定を「外部」(既定)にしてあると、そのネットワークを使って、管理OSと外部との通信でNetBTが使えないことがあった。

ただ、「外部」以外にしてから再度「外部」にしたらNetBTが有効になった。
Hyper-Vの問題か?

Hyper-Vが、ネットワーク接続の設定を上書きし、NetBTを「無効」にしていた様子。
管理OSには、NIC2つ以上搭載すべき(MSもそれを推奨している)。もっとも、仮想OSをホストするマシンは大きなスペックを必要とするのでそれぐらい問題にならないのかもしれないが。

Hyper-Vでは、管理OS側に、物理ネットワークアダプタの他に、仮想のネットワーク接続アダプタが作られ、これが、仮想のスイッチとして動作し、各仮想OS上の仮想ネットワークアダプタと通信する。
この仮想スイッチはVLANにも対応しており、VLAN IDを各仮想ネットワークアダプタに設定すると、仮想スイッチがVLANタグをつけてくれる。
(それで、外部の物理スイッチとの間で、VLANのルーティングを行えるのだと思われる。)
それで、管理OS側の物理ネットワーク接続が、仮想スイッチの1ポートみたいに扱われているので、物理ネットワーク接続の設定が(外部設定の場合に)勝手に上書きされるのだろう。

|

« CentOS 5.5 on Windows Virtual PC(補足) | トップページ | Hyper-VでP2V »

Hyper-V」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543635/51604891

この記事へのトラックバック一覧です: Hyper-Vのネットワーク:

« CentOS 5.5 on Windows Virtual PC(補足) | トップページ | Hyper-VでP2V »